内藤法律事務所 名古屋の弁護士 内藤順行|内藤法律事務所|伏見駅 徒歩3分

刑事事件

被疑事件、被告事件、少年事件

刑事事件は、人の一生を左右しかねない問題です。一般に、刑事事件は、捜査→被疑者の逮捕・勾留→起訴→公判→判決という流れで進行します。

弁護士の任務としては、被疑者(または被告人)となった方が、適正・公平な裁判を受けられるために、その時々で必要なアドバイスを致します。

刑事事件|名古屋の法律事務所しかも、現代も冤罪が起こる可能性がありますので、事件につき身に覚えがない場合、あるいは、初めて逮捕・勾留された場合には、早期に弁護士を選任すべきと思われます。また、少年については、未成熟のため、捜査機関の誘導に乗り、不本意な自白を迫られることが多々あります。

弁護士は、そうした捜査機関の違法な捜査に目を光らせながら、少年の更生を考えていくことになります。他方で、刑事事件の被害者側においては、被害者の個人・企業を代理して、加害者についての捜査機関に対する刑事告訴・告発や、犯罪被害者支援活動も行っています。