内藤法律事務所 弁護士 内藤順行|内藤法律事務所|愛知県名古屋市中区「伏見駅」

各種書類作成

契約書、内容証明郵便、遺言書など

契約書の作成

現在では、日常生活を送る上で、契約書は欠かせないものとなっています。契約書は契約の内容を確認し、紛争を予防するものです。裁判になっても十分たえられるものでなければなりません。

内容証明郵便の作成

例えば、詐欺の被害にあっってお金などをだまし取られ場合、相手方に取消の意思表示をする必要があります。また、商品を売却した代金の請求をすることでしょう。
このような取消や請求の通知を証明するのに内容証明郵便が使えます。また、不当な請求をしてくる相手方に対して、内容証明郵便を差し出すだけで(特に弁護士名義で差し出す場合)、不当な請求が止まることもあります。

遺言書の作成

相続の項目でも記載しましたが、遺言を公正証書にすることをお勧めします。
自筆証書遺言は、あとで、文意が不明とか偽造であるとか言われことがよくあります。公正証書遺言は作成時に本人確認をしますので、裁判で偽造と判定されることはありません。契約書|名古屋の弁護士
公正証書は、原本を公証役場で保管しますので、遺言書紛失の危険もありません。さらに、遺言者死亡後、公正証書遺言は検認手続きが不要です。

しかし、自筆証書遺言をという方には、その書き方を御指導いたします。その他、各種法律文書の作成につきご相談下さい。